仏小売り大手のカジノ株上昇、傘下Cnovaの米上場計画好感

lunes 3 de noviembre de 2014 13:57 GYT
 

[パリ 3日 ロイター] - 3日のパリ株式市場で、仏小売り大手のカジノ(CASP.PA: Cotización)株価が2%超値上がりした。電子商取引を手掛ける傘下のCnovaが米ナスダック市場での新規株式公開(IPO)で、最大3億7500万ドルを調達する計画を明らかにしたことが追い風になっている。

Cnovaが米当局に前週末提出した資料によると、同社は1株12.50━14ドルで2680万株を売却し、3億3500万━3億7520万ドルを調達する。資金は海外事業の拡大などに充てるとしている。

同社の年間売上高はおよそ40億ドル。フランスのほか、ブラジル、コロンビア、タイ、ベトナム、アフリカなどで事業を展開する。

IPOの日程は明らかにしていないが、すでに欧州、ブラジル、米国で投資家向け説明会に着手している。